• 公開日2022年05月09日

イグアスの滝ツアーにまつわる6つの興味深い事実

この滝はイグアスの川沿い、ミシオネス州の「トリプルフロンティア」と呼ばれる場所にあります。
トリプルフロンティアという地名は、ブラジルとアルゼンチン、そして数キロ離れているパラグアイが近接する地域であることに由来しています。

1.イグアスの滝ツアーは2カ国で実施しています

イグアスの滝は、アルゼンチン側、ブラジル側それぞれのイグアス国立公園内にあります。

アルゼンチン側には人口8万人の小さな都市プエルトイグアス、 ブラジル側には人口25万人の大都市フォスドイグアスがあります。

プエルトイグアスとフォスイグアス間の距離は15km未満であり、滝を訪れるためにはこれらの都市のいずれかで拠点を確保する必要があるでしょう。

また、イグアスの滝からブエノスアイレスはイグアスから1300km、サンタフェは1070 km、コルドやサルタは約1400kmの距離に位置しています。

2.イグアスの滝を発見したのは誰?

スペインの探検家「アルバル・ヌニェス・カベサ・デ・ヴァカ」は、1542年に大西洋からアスンシオン・デ・パラグアイへと旅をする途中で滝に遭遇しました。
何マイルも離れたところで聞こえてきた騒音に興味をそそられ、彼は滝を発見したのです。

スペイン人がこの地に到着した16世紀ごろには、パラグアイ、ブラジル、ボリビアの先住民族であるグアラニー族の領土が広がっていました。

アルバルは滝に洗礼を施し、「サルトス・デ・サンタマリア」と命名しました。
そして、この名前がのちにグアラニー語で「大きな水」を意味する「イグアス」へ置き換えられました。

3.悪魔の喉 - デビルズスロート(Balcón Garganta del Diablo)

デビルズスロートはとても力強い滝です。
高さは82メートル、幅はU字型で150メートル以上あります。

平均流量は毎秒1,500立方メートルで、オリンピックのプール36杯分をわずか1分で満たすほどです。

この滝の最も代表的な景色は、滝壺から生まれる雲と交差する虹が生み出す自然の光景です。

全長2,080メートルにわたる直線的な歩道から眺める大量の水の景色は、世界中から訪れる人々の心を動かしています。

4.イグアスの滝、満月ツアー

月明かりの散歩は、満月のイグアス国立公園で月に5回行われるユニークな体験です。

公園は毎月の夜に開園し、満月に照らされたデビルズスロートを目指して訪問者たちが進んでいきます。

この満月のツアーでは、オレンジ色から白色へ変わっていく月の色の変化を観察できます。

5.生物学的にも優れたロケーション

国連開発計画の記事によれば、イグアスの滝を囲むジャングルは、生物の多様性に優れた地域として分類されています。

ジャガーやサルなど150種以上の哺乳類、ツーカンを含む564種の鳥類、260種の魚類、116種の爬虫類、68種の両生類、数千種もの植物が生息しているのです。

また、イグアス国立公園は、20世紀初頭にさかのぼる長い歴史から1934年に国立公園に指定されました。

6.イグアスの滝は七不思議の一つ

2011年11月11日、10億人以上の人々が参加した投票を通じて、イグアスの滝が「7つの自然の不思議」に選ばれました。

また、イグアスの滝は、1984年からユネスコにより「人類の自然遺産」とされています。
この賞によってアルゼンチン最大の観光地となり、地域の保護活動や経済活性にも貢献しました。

イグアスの滝ツアーを楽しむ人たち

「死ぬまでに訪れるべき場所」と言われるこの滝へ、ぜひVRで訪問してみましょう!
VRならこの景色を見るためにアルゼンチンまで飛行機に乗って行く必要はありません。

この国立公園でのVRツアーを通して、森と滝に面した歩道を散歩できます。

美しい風景や虹を見て、滝の歴史を知り、ツアーに参加した人々が言っていた景色を確かめてみましょう。

イグアスの滝は、世界で最も大きな三つの滝の一つとして知られています。
この有名な滝は遠い場所にあり、簡単に足を運ぶことはできませんが、VRなら滝から流れるパワフルな音も含めて体験できます!私は最初から最後まで圧倒されました。ぜひご覧ください!

「日本人トリッパーによるレビュー」